薄毛を解決するには正しい知識も大事

薄毛の原因は思わぬところにある

薄毛になってしまうのはシャンプーが髪にあっていない・年齢によるもの・遺伝などがありますが、間違ったケアによる薄毛被害というのもあるものです。髪に良いと思って使っている育毛剤の成分が逆に頭皮を傷つけていたり、汗によるムレや汚れが良くないということで頭皮を洗いすぎているということもあります。

特に汗を良く掻く夏場であれば朝と夜にシャンプーをしてしている人もいるので、そういった時は頭皮に刺激が少ないように弱酸性のシャンプーや植物成分由来のシャンプーを使うようにしても良いでしょう。また、意外と頭皮にダメージを与えるのが紫外線です。ですからムレるのが嫌で帽子を被らないような人も、夏の紫外線を遮るように日傘などをさしてみても良いでしょう。

日焼けによる薄毛悪化もある

夏の強い紫外線が頭皮を傷めてしまうようなことも多いですが、それ以外に髪を乾かす時のドライヤー、パーマをかける時の熱などで頭皮を傷めてしまうこともあります。ですから薄毛が進行していると感じたり、もともと髪の量が少ないような人であれば、薄毛が解決するまではパーマやカラーも避けたほうが良いでしょう。

男性もパーマやカラーをすることによって垢抜けた印象になりますが、髪が弱く頭皮状態も悪いようであればそうした頭皮や髪を傷めることになる行為は避けましょう。

過度に薄毛を意識しないほうが改善する場合も

いったん薄毛が気になると、いつも薄毛であることを気にかけてしまうということがあるものです。特に薄毛になると薄毛改善になる育毛シャンプーを購入したり、良いと言われる食べ物を購入したり、良いと言われるものは試さないと気が済まなくなってしまうということもあるものです。

こうした過度に意識する行為がストレスになり薄毛が進んでしまうということもあるので、あまり神経質にならないようにすることも必要です。あまり力を入れすぎると、効果がなかなか出ないことにもイライラしてしまいがちになるので注意が必要です。

薄毛治療は専門医に

薄毛がなかなか改善しない時は薄毛治療の専門医に相談するのも良い方法です。頭皮が荒れていることで薄毛や抜け毛になっている時は、皮膚科で頭皮に塗る薬をもらうことによって解決できることもありますが、遺伝やAGAの場合は皮膚科ではなくAGAクリニックのほうが効果的な薬をもらうことができるでしょう。

AGAクリニックでの治療というのは薬治療がほとんどで費用もかかりますが、悩みを軽減することもできるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です